1504278_796722373674281_8764293196439232312_o

須田菁華 古九谷写小皿

2014/05/10

九谷焼の中でも、江戸時代初期(大体元禄初年頃まで)に作られていたものを「古九谷」と呼びます。 今多くの方が九谷焼といえばイメージするであろう鮮やかな五彩や幾何学文様と絵画の組み合わせなどはこの古九谷の特徴です。

1399594_792510684095450_2402443830197024815_o

銅 カエル口上花入

2014/05/02

先日、お店に並ぶお品を入れ替えました。 今は5月ですが、少し季節を先取って梅雨や初夏をイメージして選びました。その中でも今回はショーウィンドウで強い存在感を放っているのが銅製の花入をご紹介します。

10256717_789196297760222_8949918582160921675_o

古銅象耳花入

2014/04/26

今日はお道具に加えて春のお花も紹介します。

10286918_785299304816588_845686351772460355_o

加藤長寿 燗鍋 對

2014/04/19

加藤長寿は加賀大樋焼の一派の分家に生まれ、幕末から明治にかけて活躍した陶工です。残念ながら45才の若さで亡くなりました。大樋の姓は持たないものの、高い技術を持ち「大樋長寿」の名前でも賞賛されました。裏千家の家元が箱書をし […]