_MG_6310

お品を入荷しました(中田雄一)

By admin, 2018/12/08

今年は暖冬でしょうか、暦の上では「大雪」を過ぎましたが、まだ雪を見ていません。

昨年の金沢での初雪は11月19日だったそうです。

あまり降りすぎるのも大変ですが、何もないと少し寂しいものですね。

さて今回は、先日の「KOGEI Art Fair Kanazawa」でお披露目いたしました、陶芸作家の中田雄一さんのお品を紹介いたします。

(中田さんについてはこちらもご覧ください)

 

_MG_6353

 

_MG_6398

 

_MG_6365

 

前回お披露目した阿蘭陀写の水指・建水・盃たち。

釉調や土見せ、絵付けなど阿蘭陀らしさを上手く写し取られています。

建水は実際にお茶会で使用しましたが、見た目よりも手取りが軽く、とても使いやすいものとなっております。

盃は手のひらサイズの小さな建水のようで、愛着が持てます。

 

 

_MG_6390

 

_MG_6377

 

その他に白釉の猪口も頂きました。

蛇の目、糸切り、土見せの3種類の高台があります。

形や大きさが一つ一つ微妙に異なるので、自分の手にあった物を選ぶのも良いですね。

シンプルな作りとなっていますので、色々な食器と取り合わせしやすいのではないでしょうか。

 

水指につきましては現在、塗り蓋を製作中でございます。

そのため、納品には少しお時間を頂くことになりますが、お求めいただくことは可能です。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

また、他にも種類がございますので、スタッフにお気軽にお声がけください。

 

_MG_6345