_MG_8211

お品を入荷しました(山本浩二・秀平)

By admin, 2019/07/27

 

本日は土用丑の日ですね。午前中に近江町市場を通ると、うなぎの香りが漂い多くの人で賑わいを見せていました。

梅雨明けからぐっと気温が上がり体調を崩される方も多いと思いますので栄養のあるものを摂って夏を乗り切りたいですね。

 

さて、本日は九谷焼作家の山本浩二さん秀平さんの作品を入荷しましたのでお知らせいたします。

 

 

_MG_8211

 

こちらは山本浩二さん作「加賀聖釉筒形煎茶碗」です。

スッと伸びた杯は青竹形をしており、加賀聖釉のなんとも言えぬ色味と相まり清らかな印象を受けます。

ソーサーは朝顔形で金で縁取をし、白磁の白さが加賀聖釉の青を引き立たせます。

この色味がなんとも不思議で繊細な色で、空間や取り合わせではもちろんその時の気分でも色が違って見えてくるような気がします。

煎茶碗としても、それぞれ分けて酒器や小皿としてお使いいただいても楽しめるのではないかと思います。

 

_MG_8217

_MG_8225

 

 

 

 

_MG_8248

 

山本秀平さん作「赤絵細描瓔珞小紋デミタスコーヒカップ」です。(素地は兄の浩二さん作、絵付けが弟の秀平さん作)

ころんとしたシルエットに可愛らしいサイズ感、描込の密度と余白の多さが甘すぎず夏にも涼しげです。

百貨店などのグループ展に出展の際は実演をするそうですが、赤絵細描の細かさに実演を見るまでは手描きだと信じてもらえないことがあるそうです。

今回はデミタスカップのみの入荷ですが酒器も追加でお願いしました。

また入荷しましたらブログにてお知らせいたします。

 

_MG_8242

_MG_8234