お品を入荷しました(垣内幸彦)

By admin, 2021/02/13

先日、羽虫がいるのを見つけました。

「啓蟄」にはまだ早いですが、早起きの種類もいるようです。

これも春の訪れですね。

本日は、垣内幸彦さんのお品が入荷されましたので、お知らせいたします。

これまでも扱っておりました角盆・角折れ盆と、新しく笹模様盆・半月盆も分けていただきました。

角盆は一辺33㎝で広さがあるので、このお盆一つで配膳が組めて便利です。

角折れ盆

笹模様盆

半月盆
他の3つは角盆より小振りで可愛らしく、薄作りなので手取りが軽いです。

古い讃岐盆を塗り直して制作されるこれらのお盆、塗り直す前の画像を先日頂きました。

見比べると、少し厚めに乗せた朱漆で雰囲気が柔らかくなっていることが分かります。

また、塗り直すことで古い傷付いたお盆をさらに長く使用できるようになり、使い続けることで新たな表情が見れるという楽しみもあります。

塗物を手直しして長く使い続けるという行為は、輪島塗の職人が各地に行商に出て、売った品物のメンテナンスも行っていた時代を思い出させます。

そういった部分に垣内さんの輪島塗があるのかもしれません。

話は変わりますが、本日より東京にある六窯陶廊 炎色野さんにて、垣内さんの個展が開催されます。

当店に置いていないお品も色々ご覧になれるようです。

なかなか金沢に足を運べない方はこの機会に是非お立ち寄りください。